レジン事業

CELBLEN
セルロース複合樹脂

ダイセルグループのセルロース技術を取り入れた環境に配慮した熱可塑性樹脂を開発しています。

セルブレンC は、PP樹脂に天然繊維であるセルロース繊維を配合した複合樹脂です。
セルブレンEC は、非可食性セルロースを原料とした、バイオマスプラスチックで
セルロースアセテート樹脂を基材としています。

セルロース複合樹脂
セルブレンC

地球に優しいセルロース繊維を配合した熱可塑性樹脂材料です。
(繊維原料が植物由来で、石油系材料の削減に貢献。)

また低比重で軽量化に貢献します。(比重:ガラス2.6,セルロース1.5)
高剛性,音響特性,低摩擦性等の優れた特性を有しています。

特性

環境にやさしい
(1):植物由来の原料を含有し、石油系材料の削減が可能となります。
(2):焼却処理の際に燃焼残渣が発生しないため、廃棄物削減が可能となります。
特殊な製造方法
特殊な製造方法により、セルロース繊維がミクロに分散しているため、天然繊維強化樹脂とは異なり、きれいな外観を有しています。
安定した品質
品質の安定したセルロース繊維を使用しているため、天然繊維強化樹脂に比べ、成形加工時にガス発生することが少なく、品質の安定した成形品を得ることができます。
成形品としての優れた特性
成形品として優れた特性を有します。
(1)高剛性、(2)優れた手触り感、(3)音響特性(比重、剛性、損失係数のバランス)(4)低摩耗性(無機物充填材料と比較して)

[ 物性表 ]
セルブレンC

[ SDS ]
セルブレンC

試験項目 単位 CP103 CP114 PBG150
繊維量 wt% 30 40 54
比重 1.03 1.07 1.14
引張強さ MPa 47 46 50
曲げ強さ MPa 57 80 83
曲げ弾性率 MPa 3000 4600 5500
シャルピー衝撃強度(ノッチ付き) KJ/m2 5 3 2
HDT(0.45MPa) 140 155 155

用途事例

剛性/ガラス繊維強化材料からの切り替え

コンテナ 剛性,軽量

箸/剛性,手触り感

音響特性/スピーカー関連,各種楽器等

リード(クラリネット)/剛性,損失係数 耐久性(耐水性)

セルロース複合樹脂
セルブレンEC

セルブレン-ECは、天然セルロースが原料の環境にやさしいプラスチックです。
パルプを原料とするため、トウモロコシを原料とするPLA樹脂とは異なり、食糧資源に影響を与えません。

特性

  • ABS樹脂並みのバランスの取れた機械的性質を有します。
  • 石油系溶剤、オイル、ガソリンなどの影響が軽微です。
  • 射出成形、押出成形による加工に適しています。
  • 切削加工などの二次加工性が優れています。
  • 新開発の非フタル酸エステル系可塑剤を使用しており、欧州で始まっている環境規制にも
    対応します。

[ 物性表 ]
セルブレンEC

[ SDS ]
セルブレンEC

[ 代表グレード ]

透明グレード EC210

特性 試験法 単位 測定条件 透明
密度 ISO 1183 g/cm3   1.28
メルトフローレート ISO 1133 g/10min 220℃/10kg 14
引張強さ ISO527 MPa   53
曲げ強さ ISO178 MPa   63
曲げ弾性率 ISO178 MPa   2600
シャルピー
衝撃強度
ISO179/1eA kJ/m2 23℃ 10
荷重たわみ温度 ISO75 0.45MPa
1.8MPa
  92
66
バイオマスプラ登録 JBPA     登録済