レジン事業

DAICEL PP
PP複合樹脂

ダイセルPP は、PP樹脂をベースにして、難燃化、特殊強化材の配合などを行った高機能複合コンパウンド樹脂です。
市場において要求される様々なニーズと、射出・ブロー・押出・インフレーション等のさまざまな成形方法に対応します。
カタログにないグレードの開発も承りますので、ご相談ください。

PP複合樹脂 ダイセルPP

ダイセルPP 樹脂種類 特徴 ラインナップ グレード
タルク強化 高剛性
耐熱
低ドローダウン
一般
高流動
高衝撃
押出
PT2N1,PT3N1,PT4N1,PT6N1,PT8N1
PT3F1,PT4F1,PT6F1,PT8F1
PTS4N1
PT6E1
ガラス繊維強化 高剛性
耐熱
一般
ガラス/マイカ
PG2N1,PG4N1,PG6N1,
PGM7T1
難燃 UL94 V-2
V-0
高剛性
非ハロゲン
PNAS3
PNAK2
FP994
PNAH5
導電 導電性 一般
V-1
PB2N1
PB6N3

[ 物性表 ]
ダイセルPP

[ SDS ]
ダイセルPP

グレード別 採用事例

樹脂種類 用途
タルク強化グレード ガスコンロ,ボタンケース,TVゲーム,マウントフレーム
GF強化グレード 自動車 エアクリーナーケース,OA 冷却ファン,自動車 レゾネーター
難燃グレード ファンヒーター部品,リチウムイオンバッテリー

[ 代表グレード ]

01: ダイセルPP 難燃グレード

高い熱安定性
(焼けにくさ)が特長
=
成形時の”焼け”を低減

熱安定性評価(滞留試験)

試験方法 右記成形条件において、シリンダー内に滞留させ、時間ごとに成形し樹脂材料の焼け度合いを比較。
温度条件 ・シリンダー温度条件
 (NZ)220-220-200-180℃
・金型温度 50℃
・時間 0分、10分、20分、30分
評価材料 ① ダイセルPP PNAS2
② 従来品1
③ 従来品2

熱安定性評価(滞留試験)結果

代表グレード

  ハロゲン系
難燃剤使用
非ハロゲン系
難燃剤使用
非強化 フィラー強化 非強化
V-0 PNAK2(0.75mm)
PNAS2(0.75mm)
PNAN2(1.6mm)
FP994(0.75mm) MPR052(1.5mm)
V-0
相当
  PAH375(1.5mm) PNAN5(2.0mm)
PNAH5(1.5mm)
V-2 PNAS3(0.75mm)
PNAN3(0.75mm)
   
V-1
相当
PB6N3(2.0mm)
* 導電
   

詳しくはリチウムイオン電池のページをご覧下さい。