第3回『サステナブルマテリアル展』に出展します

サステナビリティ

第3回『サステナブルマテリアル展』が、
2023年10月4日(水)から6日(金)までの3日間、幕張メッセで開催されます。

本展示会は、生分解性樹脂やセルロースなどの環境配慮型素材の他、リサイクル可能材料など
サーキュラーエコノミーの実現に向けた技術、資源、材料が一堂に集まる、
世界最大規模の『サステナブルマテリアルの総合展』です。

 
本展示会におきまして、当社より
バイオポリアミド樹脂コンパウンド、アルミ蒸着・透明蒸着OPPフィルム、微小繊維状セルロース(ナノセリッシュ)を紹介します。
皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

第3回『サステナブルマテリアル展』に出展します
第3回『サステナブルマテリアル展』公式ページ
 
 
関連リンク:コーティング営業部 バリアフィルム

バイオ由来素材を活用した樹脂コンパウンド製品

サステナビリティ

ダイセルミライズは日々多様化・複雑化・高度化していく市場ニーズに対応する高機能性樹脂コンパウンド製品を展開しています。用途実績は、自動車・日用品・家電OA・スポーツ等 幅広い分野にわたります。

今回はバイオ由来の素材を活用した機能性コンパウンド製品を紹介します。

1. 高機能PAコンパウンド樹脂『ダイセルPA』における
植物由来ポリアミドの活用

ダイセルPA』は、要求特性に応じて各種ポリアミド(PA)樹脂の特性
生かしながら設計開発したコンパウンド製品です。

植物由来ポリアミドも積極的に活用しており、高性能化・高機能化が可能です。
以下では実際に採用されている製品例を挙げて説明します。

[製品例1]ダイセルPA XBG828:
植物由来ポリアミドベース
高剛性グレード

XBG828は植物由来ポリアミドPA610樹脂の低吸水性を生かしつつ、カーボン繊維を高濃度配合することで機械強度と寸法安定性を向上させた高剛性グレードです。
軽量性もあり、自転車部品に長く使用されています。

PA610樹脂は「ひまし油」が原料のセバシン酸(COOH-(CH2)8-COOH)とヘキサメチレンジアミン(石油由来)をモノマーとして製造されるポリアミド樹脂であり、炭素基準で63%がバイオマス由来です。

[製品例2]ダイセルPA AH39L4:
植物由来ポリアミドベース
高機能グレード

AH39L4は同じく植物由来ポリアミドPA610樹脂をベースに摩耗性を低減し、持続的帯電防止特性を付与したグレードです。合わせて剛性・耐衝撃性・耐熱性のバランスを整えました。
摺動性部品・回転部品に適しています。

特殊特性 測定方法 測定結果
帯電防止性
(表面抵抗率)
ASTM D257 1 × 1013 Ω
低摩耗性
(動摩擦係数)
往復摺動試験 0.1 gf
試験条件
荷重: 100 g
摺動速度: 50 mm/sec
摺動回数: 1,000 回
相手材: 同材

表:ダイセルPA 植物由来ポリアミドベース製品物性表

特性 測定方法 測定条件 単位 XBG828 AH39L4
引張強さ ISO 527 MPa 160 84
曲げ強さ ISO 178 MPa 270 95
曲げ弾性率 ISO 178 MPa 12,800 3,100
ノッチ付シャルピー衝撃強さ ISO 179 /1eA 23 ℃ kJ/m2 8 14
荷重たわみ温度 ISO 75 1.80 MPa 200 120
0.45 MPa 220 210
密度 ISO 1183 g/cm3 1.16 1.18

2. セルロース
ミクロフィブリルを配合した
PP樹脂コンパウンド
『セルブレンC』

セルブレンC』はポリプロピレン(PP)樹脂に、
木材パルプを解砕して得られるセルロースミクロフィブリルを独自技術により複合化した、
地球にやさしい熱可塑性樹脂材料です。

セルロースはグローバルな資源分布が均等のため、特定の国・地域に依存しません。また非可食性バイオ資源であり、食料資源に影響を与えません
石油由来のPP樹脂に対し植物由来の素材を配合することで、製品(成形物)のバイオマス度向上に寄与します。またセルロース繊維は有機物で、PP樹脂と同様に燃焼するため燃焼残渣が無く廃棄物削減につながります

セルロース繊維は代表的な無機繊維より低密度のため、高濃度でも軽量となります(セルロース 1.5 ⇔ ガラス 2.6)。
さらにタルクなどの無機フィラーとは異なり、鋼材(相手材)をほとんど摩耗させません

表:無機繊維との特性比較

繊維種 密度(g/cm3) 弾性率(g/d) 強度(g/d)
セルロース系 木材パルプ 1.5 150〜550 7.8〜14
無機系 炭素繊維 1.8 1,450〜1,850 30〜37
ガラス繊維 2.6 330 14
スチール 7.15 330 6.3

図:セルブレンCと各種フィラー配合PP材との摩耗性比較

相手材料: 鋼材(S45C)
滑り線速度: 15 cm/sec
面圧: 10 kgf/cm2
接触面積: 2 cm2
摺動時間: 24 hrs
摺動距離: 12.96 km

セルブレンCの主なグレードラインナップには次表のような3種類があります。セルロース繊維濃度は最大で54%の配合が可能で、マスターバッチとしても利用できます。表のグレードはパルプ原料に木材パルプを採用しています。他に竹パルプ由来のセルロース繊維を複合化した製品も上市しています。

表:セルブレンCの主要グレードラインナップ

特性 測定方法 測定条件 単位 CP103 CP114 PBG150
セルロース繊維濃度 wt% 30 40 54
引張強さ ISO 527 MPa 47 46 50
曲げ強さ ISO 178 MPa 57 80 83
曲げ弾性率 ISO 178 MPa 3,000 4,600 5,500
ノッチ付シャルピー衝撃強さ ISO 179 /1eA 23℃ kJ/m2 5 3 2
荷重たわみ温度 ISO 75 0.45 MPa 140 155 155
密度 ISO 1183 g/cm3 1.03 1.07 1.14

セルブレンCは音響特性に優れ、楽器部品などを中心に採用されています。

現在、自動車内装用途などへの展開を見据えた射出成形用高流動グレード建材利用を想定した押出用途での活用を検討しています。

今回はバイオ素材を生かした製品群として、植物由来ポリアミドを活用した高機能PAコンパウンドや、セルロース繊維複合樹脂『セルブレンC』を紹介しました。

これら製品につきましては、レジン営業部までお問合せください。

 
 

第2回『サステナブルマテリアル展』に出展します

サステナビリティ

当社は、12月7日(水)~9日(金)に幕張メッセで開催される第2回『サステナブルマテリアル展』に、
株式会社ダイセル、ポリプラスチックス株式会社と共同出展いたします。

本展示会は、生分解性樹脂やセルロースなどの環境配慮型素材の他、リサイクル可能材料等、
サーキュラーエコノミーの実現に向けた技術、資源、材料が一堂に集まる、「サステナブルマテリアルの総合展」です。
 

展示ブースでは、5つのテーマに沿って、ダイセルグループ各社によるユニークな商材、技術をご紹介します。

その① バイオマスを活用したダイセルグループの数々の機能性商材
その② ダイセルグループ商材のリサイクリング技術
その③ 排出されるC02を再び資源として利用するための技術開発の最先端
その④ 新しい木材有効活用法
その⑤ 酢酸セルロースを原料とした海洋分解性樹脂
 

当社からは、セルブレン®Cセルブレン®ECおよびリサイクル樹脂の紹介を行います。
皆さまのご来場、心よりお待ちしております。


 

第2回『サステナブル マテリアル展』に出展します
第2回『サステナブル マテリアル展』公式ページ

第1回『国際 サステナブル グッズ EXPO【春】』に出展します

サステナビリティ

第1回『国際 サステナブル グッズ EXPO【春】』が 4月6日(水)から8日(金)までの3日間、
東京ビッグサイト西展示棟で開催されます。

これは、7つの専門展で構成された『ライフスタイル Week【春】展』のひとつとして、
エコ、エシカル、フェアトレードなど環境社会貢献に考慮した商品や素材を展示する総合展として開催されます。

当展示会におきまして、当社より、環境に配慮したキッチン雑貨、食品廃棄ロス削減に貢献する包装バリアフィルム、
室内の衛生対策に貢献する光触媒関連製品、自然に還る海洋分解性素材、について出展を行います。

皆さまのご来場、心よりお待ちしております。
 
 
第1回『国際 サステナブル グッズ EXPO【春】』公式ページ

関連リンク:ハウスホールド事業
関連リンク:コーティング事業

『新機能性材料展2022(コンバーティングテクノロジー総合展2022)』に出展します

サステナビリティ

1月26日~28日に東京ビッグサイトで開催される「新機能性材料展2022」に出展します。
本展示会は“新しい”付加価値を創造する機能性マテリアルの総合展です。

現在CO2排出などの環境問題等、サステナブル社会の実現には高い技術が求められています。
このような社会の実現に貢献するため、ダイセルグループの高機能性材料として
海洋分解性樹脂、高耐熱材、微細なパウダー形状エンプラなどを出展します。

R&D、製品開発・生産管理 等に携わる皆様のご来場をお待ちしています。
 
 
『新機能性材料展2022(コンバーティングテクノロジー総合展2022)』に出展します
『新機能性材料展2022(コンバーティングテクノロジー総合展2022)』公式ページ

関連リンク:セルロース由来の高海洋分解性樹脂~セルブレンEC~

第1回『サステナブル マテリアル展』に出展します

サステナビリティ

関東で初めて、サステナブル素材に特化した総合展示会が、12月8日(水)より幕張メッセにて開催されます。

ダイセルグループの考える「バイオマスバリューチェーン」のご説明や、
ダイセルグループのサステナブル素材 (海洋分解性樹脂,機能性素材,環境配慮エンプラ,未来技術) をご紹介します。

第1回『サステナブル マテリアル展』に出展します

『三角コーナーいらず』環境対応品 2021年9月発売予定

サステナビリティ

『三角コーナーいらず』にバイオマス樹脂を配合した環境対応品を開発致しました。
現在商談を開始し、皆様へご紹介の活動中です。
 
ダイセルミライズでは今後も環境対応を意識した商品の開発を行ってまいります。
 


お問合せ下さい

    お名前 必須
    貴社名 必須
    部署名
    住所 必須

    TEL 必須
    E-MAIL 必須
    お問合せ内容 必須

    以下の内容をご確認いただいた上で、お問い合わせください。

    • gmail.com / hotmail.com等のフリーメールには回答できない場合があります。
    • 土・日・祝日および年末年始を除く、当社営業日・営業時間に対応します。お問い合わせ内容によっては、回答するまで日数がかかる場合や回答できない場合があります。
    • ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせに対する回答や連絡を差し上げる目的で使用します。
    • 以上のほか、個人情報の取り扱いの詳細については、「ダイセルグループ 個人情報保護方針」 をご覧ください。