ダイセルミライズ CSA登録廃止のお知らせ

お知らせ

拝啓 貴社益々ご清栄の段お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

弊社は、カナダCSA 規格(Canadian Standards Association)に登録しております難燃材料全グレードの認定取り下げを実施する事をご連絡申し上げます。なお、カナダ国内での製品認証登録につきましては、c-UL認証取得グレードの利用を推奨させていただきます。なお、認定を取り下げるグレードの中には、対応する c-UL認証取得グレ ードがない場合もございますが、ご了承のほど宜しくお願い申しあげます。

敬具

1.抹消申請予定日: 2023年12月1日

2.登録抹消グレード

別紙1をご参考ください。

以上

大賽璐美華(香港)有限公司 事務所移転のご案内

お知らせ

お取引先各位

事務所移転のご案内

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、このたび弊社事務所は2023年10月19日(木曜日)より、下記の通り移転致しますのでご案内申し上げます。尚、電話番号、FAX番号は従来通り変更ございません。

何卒ご高承の上、今後とも倍旧のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

敬具
ダイセルミライズ(香港)株式会社
董事 総経理 佐々木智裕
2023年10月

Dear Sir/Madam,

REMOVAL NOTICE

Please be informed that our office will relocate to the following address from 19th October 2023 (Thursday). Our existing telephone and fax number will remain unchanged.

Yours Sincerely,
Daicel Miraizu (Hong Kong) Limited
Tomohiro Sasaki
Managing Director
October 2023

敬啓者:

事務所遷址通知

本公司將於二零二三年十月十九日(星期四),遷往下列地址,特此通知.
(原有之電話及傳真號碼維持不變)

大賽璐美華(香港)有限公司
董事 總經理 佐々木智裕
2023年10月

New address:
Suite 2513-14, 25/F., Tower6, The Gateway, Harbour City, 9 Canton Road,
Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
Tel: (852) 2730 2129 Fax: (852) 2375 3090

新地址:香港九龍尖沙咀廣東道9號,海港城,港威大廈,第6座25樓2513-2514室
電話:(852) 2730 2129 傳真:(852) 2375 3090

 

扶桑社【別冊エッセ『これからは「捨てる」「手放す」でもっと身軽に!』】に、
当社キッチン雑貨商品『バスケットいらずN』が掲載されました。

製品

『ESSE』に掲載された「片づけ」「捨てる」「家事や習慣をやめる」などの
人気記事を1冊にまとめたムック本、
別冊エッセ『これからは「捨てる」「手放す」でもっと身軽に!』(2023年9月26日発売)にて
当社キッチン雑貨商品『バスケットいらずN』が知的家事プロデューサー本間朝子さんの
オススメ掃除グッズの一つとしてご紹介されました。
 

 
書店にお立ち寄りの際には、ぜひお手に取ってご覧ください。
インターネットでもお買い求め頂けます。

別冊エッセ『これからは「捨てる」「手放す」でもっと身軽に!』|書籍詳細|扶桑社 (fusosha.co.jp)
 
ダイセルミライズでは、キッチン用品、清掃用品など「実感便利商品」として多数取り揃えています。
『バスケットいらずN』に抗菌剤とバイオマス素材を配合した『らくポイリング』も絶賛発売中です。
購入をご希望の方は、下記までご連絡ください。
 
<本件に関する問い合わせ先>
ダイセルミライズ株式会社
ハウスホールド営業部 TEL:03-6711-8513
https://www.daicelmiraizu.com/business/household/

『JAPAN PACK 2023 日本包装産業展』に出展します

展示会

「未来への包程式-当たり前のその先へ-」をテーマに
JAPAN PACK 2023 日本包装産業展』が、
2023年10月3日(水)から6日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催されます。

製造加工から計量・充填・包装・印刷・印字・検査・梱包といった製造ライン全体における
さまざまな分野の新製品や新技術および新システムなどが国内外から多数集結する総合展で、
1964年の第1回展以来、今回で34回目を迎えます。

 
当社ブースでは、新製品であるポリプロピレンバリアフィルムの『ハイバリア』『レトルト・ボイル』グレードを初展示致します。
皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

『JAPAN PACK 2023 日本包装産業展』に出展します
『JAPAN PACK 2023 日本包装産業展』公式ページ
 
 
関連リンク:コーティング営業部 バリアフィルム

第3回『サステナブルマテリアル展』に出展します

サステナビリティ

第3回『サステナブルマテリアル展』が、
2023年10月4日(水)から6日(金)までの3日間、幕張メッセで開催されます。

本展示会は、生分解性樹脂やセルロースなどの環境配慮型素材の他、リサイクル可能材料など
サーキュラーエコノミーの実現に向けた技術、資源、材料が一堂に集まる、
世界最大規模の『サステナブルマテリアルの総合展』です。

 
本展示会におきまして、当社より
バイオポリアミド樹脂コンパウンド、アルミ蒸着・透明蒸着OPPフィルム、微小繊維状セルロース(ナノセリッシュ)を紹介します。
皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

第3回『サステナブルマテリアル展』に出展します
第3回『サステナブルマテリアル展』公式ページ
 
 
関連リンク:コーティング営業部 バリアフィルム

『PC/ABS樹脂 ノバロイS1500』のボールプレッシャー試験におけるCMJ登録温度変更について

お知らせ

一般財団法人 電気安全環境研究所(JET)に登録しております
『PC/ABS樹脂 ノバロイS1500』のボールプレッシャー登録温度の変更を
申請いたしますので、ご連絡申し上げます。

なお、その他物性面においては変更ありませんので引き続き宜しくお願いします。

ボールプレッシャー試験におけるCMJ登録温度変更

セルブレンEC(酢酸セルロース樹脂)の事業移管について

お知らせ

貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、ダイセルミライズ株式会社のセルブレンEC事業(酢酸セルロース樹脂)は2023年8月1日に株式会社ダイセル マテリアルSBU内に発足したCAFBLO事業推進部に事業譲渡され、新ブランド『CAFBLO®』としてリニューアルいたします。

CAFBLO®はリサイクル可能な生分解性を有するバイオマスプラスチックとして近年注目が高まり、様々な用途において検討が加速しています。

今回の事業譲渡に伴いお取引様には各種ご対応をお願いすることとなりますが、何卒、ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

1.事業部門情報

旧部門 ダイセルミライズ株式会社 レジン事業本部レジン営業部
〒108-8230 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル
TEL:03‐6711‐8512
 
新部門 株式会社ダイセル マテリアルSBU CAFBLO事業推進部
〒108-8230 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル
TEL:03‐6711‐8251 Email:cellp_marketing@jp.daicel.com
 
※Emailにてお問合せを頂くのが便利です。
※取引銀行口座:三井住友銀行 大阪中央支店 普通 0930600

2.CAFBLO®の発注先について

  • ・サンプルのお問合せは、CAFBLO事業推進部にご連絡ください。
  • ・ご採用頂き定期購入頂いているお客様は、これまでと同様に下記宛て(発注先情報を参照)にFAXにてご発注頂きますようお願い申し上げます。 
    発注先情報 株式会社ダイセル
    SCM本部 カスタマーサービスグループ(広畑)
    TEL:079‐238‐1254 FAX:079‐238‐4350

3.お願い事項

  • ・事業部門変更に伴い、お客様におかれましては各種ご登録内容の変更や基本取引契約の再締結、口座開設など必要に応じてご対応頂く必要がございます。
  • ・7月度ご請求分までのお支払は旧部門の口座へお振込み願います。
  • ・2023年8月1日以降の納品においては、旧製品袋(ダイセルミライズ株式会社の記載あり)での在庫が残っているため、当面の間は旧製品袋で納品させて頂きます。在庫がなくなり次第、新製品袋へ順次切り替えてまいりますので、ご理解・ご協力の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら、CAFBLO事業推進部にお問合せ下さい。

以上

リチウムイオン電池モジュール周辺部品で活用される
PP樹脂コンパウンド『ダイセルPP』製品

トピックス

ポリプロピレン(PP)樹脂は最も密度が小さく軽量な熱可塑性樹脂のひとつで、スチレン系樹脂・ポリエステル系樹脂等と比較して耐薬品性が高い傾向にあり、比較的安価でもあることから様々な分野で利用されています。
ダイセルミライズは独自のコンパウンド技術によりこのPP樹脂をベースとして、フィラー強化・難燃性付与・導電性付与等を施した高機能性樹脂コンパウンド『ダイセルPP』を製品展開しています。

今回はPP樹脂コンパウンドのメリットと、リチウムイオンバッテリー(LIB)モジュール周辺部品で活用される『ダイセルPP』製品を紹介します。

1. PP樹脂コンパウンドのメリット

表1:各種樹脂の密度と耐薬品性の傾向

PP PBT PC m-PPE
密度 [g/cm3] 0.9 1.3 1.2 1.06
薬品分類
アルカリ × ×
有機溶剤 × ×
油類

表1に各種樹脂の密度と耐薬品性の傾向をまとめます。

他の樹脂と比較して、PP樹脂は密度が小さく、また多様な薬品に対する耐性に優れることがわかります。
低密度であることは、同じ形状の成形体であれば、他の樹脂を使用する場合より軽量化が可能で、重量基準でみると樹脂使用量及びコストの削減につながります。

エンプラ製品の代替提案

PP樹脂をベースとした樹脂コンパウンド製品においても、このような傾向は特徴として引き継がれるため、エンプラベースの樹脂コンパウンド代替品としてご検討いただくことが可能です。

2. リチウムイオン電池モジュール周辺部品で活用される
PP樹脂コンパウンド『ダイセルPP』

リチウムイオン電池は近年モジュール化による大型化・高出力化が進み、
電動車両の駆動用電源や、自然エネルギー発電における
送電安定化のための蓄電池などに利用の幅が広がっています。

当社のコンパウンド技術によって機能性を付与したPP樹脂コンパウンド『ダイセルPP』製品は、リチウムイオン電池モジュールにおける各部品の要求性能に合わせた材料の提案が可能です。

例えば、バッテリーモジュールユニット(BMU)やバスバー周辺部品では、ヒンジ特性を生かした非強化タイプの難燃グレード『PNAK2』『PNAH5』が利用できます。前者はハロゲン系難燃タイプ、後者は非ハロゲン系難燃タイプであり、燃焼挙動の特性による使い分けが可能です。両者は難燃特性により、風力発電用の蓄電設備向けLIBモジュール筐体で採用されました。

他には導電グレードのラインナップがあり、電磁波シールド(EMC)機能を補強することも可能です。バスバー周辺部品に向けては、銅害防止グレード『PG1K1』もラインナップしています。ダイセルPP製品群では、黒色やオレンジ色等調色が容易です

想定部品 グレード(例) 樹脂特性

BMU
PNAK2, PNAH5 ・難燃性 ・ヒンジ特性
PBG276, PB2N1 ・EMC対応(導電性)

バスバーカバー
PNAK2, PNAH5 ・難燃性 ・良成形性 ・ヒンジ特性
PG1K1 ・銅害防止対応

スペーサーやケース部品には、フィラー強化グレードを提案します。『PG6N1R』グレードはガラス短繊維強化品、『PT8N1』はタルク高充填グレードであり、薄肉成形を可能とする十分な流動性を備えています。

想定部品 グレード(例) 樹脂特性

スペーサー
PG6N1R, PT8N1 ・剛性(フィラー強化) ・良成形性 ・長期耐久性

ケース
PG6N1R, PT8N1 ・剛性(フィラー強化) ・耐疲労性
PG5N5 ・難燃性 ・剛性(フィラー強化)

ダイセルPPでは、難燃グレード中心にUL94規格認証を取得しています。また『PG6N5』グレードは、とくに車載バッテリーパック筐体または周辺部品向けとして、最近開発した高難燃グレードです。このグレードについては2022年1月の記事で詳細に解説していますので、そちらも是非ご参照ください。

https://www.daicelmiraizu.com/topics/3649/

表2:ダイセルPP 代表グレード基本物性

一般 難燃 導電
(EMC対応)
非ハロゲン系難燃 ハロゲン系難燃
タルク強化 GF強化 非強化 CB配合 CF強化
特性 測定方法 測定条件 単位 PT8N1 PGN1R PG6N5 PNAH5 PNAS2 PNAK2 PB2N1 PBG276
MFR ISO1133 230℃
/2.16kg
g/10min 12 4 8 13 21 11 8
引張強さ ISO527 MPa 25 85 82 20 28 32 30 50
曲げ強さ ISO178 MPa 41 130 132 35 45 48 36 75
曲げ弾性率 ISO178 GPa 4000 6000 8700 2200 1800 1900 1600 10500
シャルピー

衝撃強さ
ISO179/1eA
(ノッチ付)
23℃ kJ/m2 4 13 10 2.7 4 3 15 4.5
荷重

たわみ温度
ISO75 0.45MPa 133 160 160 116 108 110 92 143
燃焼性 UL94 HB V-0

/1.5mm
V-0相当
/1.5mm
V-0
/0.75mm
V-0
/0.75mm
体積抵抗率 ASTM D991 Ω・m 1×100 5×10-2
表面抵抗率 ASTM D991 Ω 1×102 1×102
密度 ISO1183 g/cm3 1.22 1.12 1.30 1.05 1.02 1.07 1.02 1.01

今後ますます需要が高まるリチウムイオンバッテリーモジュールの
周辺部材向け樹脂材料として、
各部品の要求性能に合わせた『ダイセルPP』製品を紹介しました。

他にも多種グレードを取り揃えており、個別開発のご相談も可能です。

詳しくは、以下お問い合わせより
「成形加工用樹脂コンパウンド…」を選択し、ご相談ください。

 
 

新役員のご案内

お知らせ

このたび弊社では役員改選を行い、下記のとおり就任いたしました。

なにとぞご高承のうえ今後とも一層のご指導ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役
社長
山門征司 
取締役 井元和彦 
取締役 古山久男 
社外取締役 児島秀景  株式会社ダイセル
社外取締役 立川真治  株式会社ダイセル
社外取締役 塩飽俊雄 (再任) 株式会社ダイセル
取締役 植野真治 
社外監査役 井口友二  株式会社ダイセル
社外監査役 髙橋 清  株式会社ダイセル

また、執行役員につきましては次のとおりでございますので、何卒ご高承賜りますよう
お願い申し上げます。

社長執行役員 山門征司  事業推進本部担当 兼 品質監査室担当
執行役員 古山久男  事業支援本部本部長
執行役員 間下隆行  戦略企画部部長
執行役員 植野真治  レジン事業本部本部長
執行役員 廣瀨洋司  Daicel Miraizu(Thailand)Co., Ltd. 社長
執行役員 井元和彦  コンシューマー事業本部本部長
執行役員 濱崎直人  コンシューマー事業本部副本部長
兼 WSP営業部部長
執行役員 吉村勝行  コンシューマー事業本部副本部長
兼 コーティング営業部担当

敬具

2023年6月吉日

代表取締役社長 山門 征司

第35回『日本ものづくりワールド 機械要素技術展』に出展します

展示会

第35回『日本ものづくりワールド 機械要素技術展』が、
2023年6月21日(水)から23日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されます。

本展示会は製造業の「短期開発、生産性向上、品質向上、VA/VE、コストダウン」などに寄与することを
目的に開催しており、10展の専門展で構成されています。

主な出展製品は製造業で使われる、IT、DX製品、部品、設備、装置、計測製品などです。
 

本展示会におきまして、当社より
金属 / 異種材料接合技術 DLAMP®』の紹介と新用途の提案を行います。
皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

個人情報保護方針、
個人情報の取り扱いに関するご案内はこちら 

 

第35回『日本ものづくりワールド』に出展します
第35回『日本ものづくりワールド』公式ページ
 
 
関連リンク:金属/異種材料接合技術 DLAMP®︎

お問い
合わせは
こちら