エマルジョン製品、価格改定(追加)のお願い

お知らせ

電力などのエネルギーコストや物流費および、一部原材料のサプライヤーの生産コストアップ等により
価格の上昇が続いております。そのような中、安定調達の継続の為には再度、価格改定をお願いせざるを得ないとの
結論に至りましたので、ご連絡申し上げます。

今後も徹底したコストダウンに取り組み、安定供給を継続してまいります。

エマルジョン製品、価格改定(追加)のお願い

サーバーメンテナンスのお知らせ

お知らせ

平素はダイセルミライズサイトをご利用いただき誠にありがとうございます。
 
下記におきましてサーバーのメンテナンスを実施いたします。
メンテナンス作業中において、サイトにつながりにくい場合がございます。
何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 
 
【メンテナンス実施日時】
2023年05月26日(金) ~ 2023年05月28日(日)
※作業の状況により終了が前後することがございます。
 
ダイセルミライズ株式会社
[代表番号]TEL 03-6711-8510 / FAX 03-6711-8516
[コーティング営業部]TEL 03-6711-8511
[レジン営業部]TEL 03-6711-8512
[ケミカル・WSP・産業資材・ハウスホールド営業部]TEL 03-6711-8513 / FAX 03-6711-8515(受注専用)

当社製品における第三者認証に関する不適切行為について(第7報)

お知らせ

2022年11月18日に公表しました通り、当社のUL認証における不適切行為に関連し、ISO(国際標準化機構)の登録認証機関である一般財団法人日本品質保証機構(以下「JQA」)より、株式会社ダイセル広畑工場が取得しているISO9001: 2015※ 認証のうち、一部の組織およびプロセスを認証対象から除外する旨の通知を受けておりました。

本件に関し、この度、JQAによる変更審査を受審した結果、2023年4月14日付けで、同組織およびプロセスについて認証対象とする旨の通知を受領しましたので、お知らせいたします。

本不適切行為に関し、お客様をはじめ関係者の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしますことを、あらためて深くお詫び申し上げます。

当社は、有識者による調査委員会より提言を受けた10項目の再発防止策を基に、引き続き実効的な再発防止を図ることで、お客様をはじめ社会の皆さまからの信頼回復に努めてまいります。

※ 品質マネジメントシステムに関する国際規格

1.通知の内容

ISO9001 認証範囲の一部変更

2.適用規格

ISO9001: 2015

3.登録番号

JQA-QM4647

4.認証対象となる組織及びプロセス

対象組織:ダイセルミライズ株式会社 事業推進本部 広畑R&Dセンター
 対象プロセス:「SAN樹脂、コンパウンド製品の設計・開発」および
        「SAN樹脂、コンパウンド製品(ダイセルミライズ製品)の製造」

5.認証変更となる日

2023年4月14日

以上

フィルム価格改定のお願い

お知らせ

原燃料価格の高騰に伴い、自助努力だけでは吸収しきれず、
添付の通り価格改定をお願い申し上げる事となりましたので、ご連絡します。

今後も徹底したコストダウンに取り組み、安定供給を継続してまいります。

フィルム価格改定のお願い

当社製品における第三者認証に関する不適切行為について(第6報)

お知らせ

2022年7月11日に公表しましたUL認証における不適切行為に関しまして、再登録の申請を行うグレードをご連絡させていただきましたが、一部の再登録申請グレードについて訂正がございますので、下記リンクの通りご連絡申し上げます。

お客様をはじめ関係者の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしておりますこと、改めて深くお詫び申し上げます。

以上

当社製品における第三者認証に関する不適切行為について(第5報)

お知らせ

2022年7月11日に公表しましたUL認証における不適切行為をうけて、株式会社ダイセルにより社外の有識者から構成される調査委員会が設置され、本件不適切行為の事実関係、他子会社でのUL認証に関連する類似案件の有無を調査及びこれらの行為の原因分析及び再発防止策の提言等を委任しておりました。その結果同委員会から調査報告がなされ、2023年1月10日に株式会社ダイセルのホームページで調査報告書が公表されております事をご報告申し上げます。

私共は当該会社として、この調査報告書での指摘や再発防止への提言を真摯に受け止めるとともに、同時に宣言されたダイセルグループ全体としての不適切行為からの決別を実行して参ります。

本件ではお客様をはじめ関係者の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを、あらためて深くお詫び申し上げますとともに、再発防止策の徹底とコンプライアンス強化を図り、お客様をはじめ社会の皆さまからの信頼回復に努めてまいります。

尚、上記調査報告書につきましては、こちらをご確認下さい。

以上

バイオ由来素材を活用した樹脂コンパウンド製品

サステナビリティ

ダイセルミライズは日々多様化・複雑化・高度化していく市場ニーズに対応する高機能性樹脂コンパウンド製品を展開しています。用途実績は、自動車・日用品・家電OA・スポーツ等 幅広い分野にわたります。

今回はバイオ由来の素材を活用した機能性コンパウンド製品を紹介します。

1. 高機能PAコンパウンド樹脂『ダイセルPA』における
植物由来ポリアミドの活用

ダイセルPA』は、要求特性に応じて各種ポリアミド(PA)樹脂の特性
生かしながら設計開発したコンパウンド製品です。

植物由来ポリアミドも積極的に活用しており、高性能化・高機能化が可能です。
以下では実際に採用されている製品例を挙げて説明します。

[製品例1]ダイセルPA XBG828:
植物由来ポリアミドベース
高剛性グレード

XBG828は植物由来ポリアミドPA610樹脂の低吸水性を生かしつつ、カーボン繊維を高濃度配合することで機械強度と寸法安定性を向上させた高剛性グレードです。
軽量性もあり、自転車部品に長く使用されています。

PA610樹脂は「ひまし油」が原料のセバシン酸(COOH-(CH2)8-COOH)とヘキサメチレンジアミン(石油由来)をモノマーとして製造されるポリアミド樹脂であり、炭素基準で63%がバイオマス由来です。

[製品例2]ダイセルPA AH39L4:
植物由来ポリアミドベース
高機能グレード

AH39L4は同じく植物由来ポリアミドPA610樹脂をベースに摩耗性を低減し、持続的帯電防止特性を付与したグレードです。合わせて剛性・耐衝撃性・耐熱性のバランスを整えました。
摺動性部品・回転部品に適しています。

特殊特性 測定方法 測定結果
帯電防止性
(表面抵抗率)
ASTM D257 1 × 1013 Ω
低摩耗性
(動摩擦係数)
往復摺動試験 0.1 gf
試験条件
荷重: 100 g
摺動速度: 50 mm/sec
摺動回数: 1,000 回
相手材: 同材

表:ダイセルPA 植物由来ポリアミドベース製品物性表

特性 測定方法 測定条件 単位 XBG828 AH39L4
引張強さ ISO 527 MPa 160 84
曲げ強さ ISO 178 MPa 270 95
曲げ弾性率 ISO 178 MPa 12,800 3,100
ノッチ付シャルピー衝撃強さ ISO 179 /1eA 23 ℃ kJ/m2 8 14
荷重たわみ温度 ISO 75 1.80 MPa 200 120
0.45 MPa 220 210
密度 ISO 1183 g/cm3 1.16 1.18

2. セルロース
ミクロフィブリルを配合した
PP樹脂コンパウンド
『セルブレンC』

セルブレンC』はポリプロピレン(PP)樹脂に、
木材パルプを解砕して得られるセルロースミクロフィブリルを独自技術により複合化した、
地球にやさしい熱可塑性樹脂材料です。

セルロースはグローバルな資源分布が均等のため、特定の国・地域に依存しません。また非可食性バイオ資源であり、食料資源に影響を与えません
石油由来のPP樹脂に対し植物由来の素材を配合することで、製品(成形物)のバイオマス度向上に寄与します。またセルロース繊維は有機物で、PP樹脂と同様に燃焼するため燃焼残渣が無く廃棄物削減につながります

セルロース繊維は代表的な無機繊維より低密度のため、高濃度でも軽量となります(セルロース 1.5 ⇔ ガラス 2.6)。
さらにタルクなどの無機フィラーとは異なり、鋼材(相手材)をほとんど摩耗させません

表:無機繊維との特性比較

繊維種 密度(g/cm3) 弾性率(g/d) 強度(g/d)
セルロース系 木材パルプ 1.5 150〜550 7.8〜14
無機系 炭素繊維 1.8 1,450〜1,850 30〜37
ガラス繊維 2.6 330 14
スチール 7.15 330 6.3

図:セルブレンCと各種フィラー配合PP材との摩耗性比較

相手材料: 鋼材(S45C)
滑り線速度: 15 cm/sec
面圧: 10 kgf/cm2
接触面積: 2 cm2
摺動時間: 24 hrs
摺動距離: 12.96 km

セルブレンCの主なグレードラインナップには次表のような3種類があります。セルロース繊維濃度は最大で54%の配合が可能で、マスターバッチとしても利用できます。表のグレードはパルプ原料に木材パルプを採用しています。他に竹パルプ由来のセルロース繊維を複合化した製品も上市しています。

表:セルブレンCの主要グレードラインナップ

特性 測定方法 測定条件 単位 CP103 CP114 PBG150
セルロース繊維濃度 wt% 30 40 54
引張強さ ISO 527 MPa 47 46 50
曲げ強さ ISO 178 MPa 57 80 83
曲げ弾性率 ISO 178 MPa 3,000 4,600 5,500
ノッチ付シャルピー衝撃強さ ISO 179 /1eA 23℃ kJ/m2 5 3 2
荷重たわみ温度 ISO 75 0.45 MPa 140 155 155
密度 ISO 1183 g/cm3 1.03 1.07 1.14

セルブレンCは音響特性に優れ、楽器部品などを中心に採用されています。

現在、自動車内装用途などへの展開を見据えた射出成形用高流動グレード建材利用を想定した押出用途での活用を検討しています。

今回はバイオ素材を生かした製品群として、植物由来ポリアミドを活用した高機能PAコンパウンドや、セルロース繊維複合樹脂『セルブレンC』を紹介しました。

これらの製品につきましては、以下お問い合わせより
「成形加工用樹脂コンパウンド…」を選択し、ご相談ください。

 
 

成形加工シンポジア’22にて優秀ポスター賞を受賞しました

開発

 
2022年11月28日(月)、29日(火)に開催されましたプラスチック成形加工学会 第30回秋季大会に
口頭発表、およびポスター発表いたしました。また、本大会にて、成形加工シンポジア’22優秀ポスター賞を
受賞いたしましたことを合わせてご報告いたします。
 
 
=== プラスチック成形加工学会 第30回秋季大会概要 [概要] ===
 
【スローガン】京都議定書から25年、プラスチック成形加工のこれから
【日程】   2022年11月28日(月) ~ 2022年11月29日(火)
【開催形態】 対面開催
 
【当社社員の発表内容】
レーザ表面加工を用いた金属樹脂接合における気密メカニズム検討
発表者:
 DLAMP・接着室 宇野 孝之
要旨 :
 レーザ表面加工を用いた金属樹脂接合における気密メカニズムの解明に向け、
 樹脂特性の違いと金属表面の凹凸形状の違いが気密性に及ぼす影響について検討した。
 強度発現メカニズム(アンカー効果)とは異なる考え方が必要であることを明らかにした。
 加熱SEM-DIC法により、異なる凹凸形状毎の接合部に生じるひずみを可視化することで、
 接合部の隙間発生リスクの違いをミエル化した。

プラスチック成形加工学会については、HPをご確認ください。
URL :https://www.jspp.or.jp/index.html
 
 
本件に関するお問い合わせは、以下よりお寄せください。

 お問い合わせはこちら

第2回『サステナブルマテリアル展』に出展します

サステナビリティ

当社は、12月7日(水)~9日(金)に幕張メッセで開催される第2回『サステナブルマテリアル展』に、
株式会社ダイセル、ポリプラスチックス株式会社と共同出展いたします。

本展示会は、生分解性樹脂やセルロースなどの環境配慮型素材の他、リサイクル可能材料等、
サーキュラーエコノミーの実現に向けた技術、資源、材料が一堂に集まる、「サステナブルマテリアルの総合展」です。
 

展示ブースでは、5つのテーマに沿って、ダイセルグループ各社によるユニークな商材、技術をご紹介します。

その① バイオマスを活用したダイセルグループの数々の機能性商材
その② ダイセルグループ商材のリサイクリング技術
その③ 排出されるC02を再び資源として利用するための技術開発の最先端
その④ 新しい木材有効活用法
その⑤ 酢酸セルロースを原料とした海洋分解性樹脂
 

当社からは、セルブレン®Cセルブレン®ECおよびリサイクル樹脂の紹介を行います。
皆さまのご来場、心よりお待ちしております。


 

第2回『サステナブル マテリアル展』に出展します
第2回『サステナブル マテリアル展』公式ページ

当社製品における第三者認証に関する不適切行為について(第4報)

お知らせ

7月11日に公表しましたUL認証における不適切行為に関しまして、ISO(国際標準化機構)の登録認証機関である一般財団法人日本品質保証機構(以下「JQA」)による不定期審査を受審しました結果、株式会社ダイセル広畑工場が取得しているISO9001:2015 について認証範囲が一部取消し・縮小となりましたので、お知らせいたします。

お客様をはじめ関係者の皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしますことを、あらためて深くお詫び申し上げます。

当社は、この度の措置を真摯に受けとめ、実効的な再発防止を図ることで、お客様をはじめ社会の皆さまからの信頼回復に努めてまいりますとともに、本認証の再取得にも取り組んでまいります。

詳細は株式会社ダイセルのホームページに記載します。

※ 品質マネジメントシステムに関する国際規格

以上

お問い
合わせは
こちら